2015/10/16

10/16:「イラク・クルド自治区報告会——エイドワーカーの避難民支援の報告と演劇人が見た難民・避難民の現実」開催@三田キャンパス 北館ホール 18:30-21:30

10月16日(金)に、慶應義塾大学三田キャンパスにて、「イラク・クルド自治区報告会——エイドワーカーの避難民支援の報告と演劇人が見た難民・避難民の現実」が、下記のとおり開催されます。本報告会では、先日、第 10回国際ハーマン・メルヴィル会議で朗読劇「戯曲バートルビーズ」をご披露くださった燐光群・坂手洋二氏(劇作家・演出家)がご登壇されます!

イラク・クルド自治区報告会——エイドワーカーの避難民支援の報告と演劇人が見た難民・避難民の現実 

日時:2015年10月16日(金)18:30-21:30
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール(アクセス キャンパス
出演者:
  • 高遠菜穂子(エイドワーカー(人道支援家)・イラクホープネットワーク)
  • 坂手洋二(劇作家・演出家)
  • 篠原久美子(劇作家)
  • 小林あや(俳優)
主催:イラクホープネットワーク非戦を選ぶ演劇人の会FB/TW)
共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク慶應義塾大学藝文学会
※参加費無料

【プログラム】
第一部 
リーディング
エイドワーカーの避難民支援の報告 
  • 高遠菜穂子
  • 2015年9月15日~24日まで、イラク、クルド人自治区で、シリア難民のキャンプの他、ファルージャからのIDP(国内避難民)などの聞き取り調査と食糧支援、医療支援を行った、エイドワーカー、高遠菜穂子による報告。

第二部
トーク・セッション——日本の表現者は難民・避難民の現実に日どう関われるのか?
  • 出演者:高遠菜穂子・坂手洋二・篠原久美子・小林あや他
  • 今回の難民・避難民の支援プロジェクトに同行した演劇人、篠原久美子と小林あやと、坂手洋二も交えて、演劇人の視点で見た難民・避難民の現状と、日本の表現者がどのように関わり合えるかを話し合う。また、報告記を基にした、俳優による短いリーディングも行う。

◆◆◆イラク北部のクルド人自治区は、"イラク" とは思えないほど治安が安定している。数十キロ先は超過激派との戦闘が続き、空爆も連日行われているまさに "対テロ戦争の最前線" でありながら、自治区内はまるで別世界。昨年1月からアラブ地域で "対IS作戦" が始まり、再び激増したイラク国内避難民は320万人。ISに襲われ、"対IS" の空爆に戦火を追われた人々が、安全を求めてこのクルド人自治区にやってくる。(※チラシより)◆◆◆

【関連リンク】


Access Ranking