2015/06/13

06/25-29:第10回国際ハーマン・メルヴィル会議「グローバル時代のメルヴィル」開催!@慶應義塾大学三田キャンパス

6月25日(木)〜29日(月)にわたって、慶應義塾大学三田キャンパスで、第10回国際ハーマン・メルヴィル会議「グローバル時代のメルヴィル」が開催されます!巽孝之先生、ゼミOBOGの大串尚代先生(本塾文学部教授)、大和田俊之先生(本塾法学部教授)、加藤有佳織先生(成蹊大学非常勤講師)、田ノ口正悟さん(博士課程在籍)が、下記のとおりご登壇されます。ぜひご来聴ください!

<6月26日(金)>
  • 大和田俊之司会 朗読劇 坂手洋二「戯曲バートルビーズ」14:00-15:00@北館ホール 
  • 大串尚代司会 7A The Posthuman and Monsters 16:45-18:00@Room A(東館6階 G-SEC ラボ)
  • 巽孝之 "'Young America in Literature' Reconsidered" ラウンドテーブル 2 Rethinking the Local and the Global in Pierre 司会:Robert S. Levine (University of Maryland) 18:15-19:45@Room A(東館6階 G-SEC ラボ)

<6月27日(土)>
  • 大和田俊之 "Writer as Critic: Melville’s 'Mosses' and 19th-Century Literary Criticism" 10B Melville and Hawthorne 司会:髙尾直知(中央大学)10:15-11:15@Room B(東館4階セミナールーム)
  • 巽孝之司会 基調講演 カレン・テイ・ヤマシタ「わが名はイシマル」(パネリスト:今福龍太、管啓次郎、牧野理英)13:30-15:45@北館ホール
  • 加藤有佳織 "Native American Castaways in Japanese Captivity: Ishmael and Ranald MacDonald" 13A Whaling and Diplomacy 司会:Hester Blum (Penn State University) 16:15-17:30 Room A (東館6階 G-SEC ラボ)
  • 田ノ口正悟 "Billy Buddha: Melville’s Obsession with 'Nothingness'" 13 B Aspects of Billy Budd, Sailor 司会:飯野友幸(上智大学)16:15-17:30@Room B (東館4階セミナールーム)

第10回国際ハーマン・メルヴィル会議
グローバル時代のメルヴィル Melville in a Global Context

日程:2015年 6月 25日(木)~ 29日(月)
会場:慶應義塾大学三田キャンパス 東館&北館 *アクセス キャンパス

主催:北米メルヴィル学会日本メルヴィル学会
共催:日本アメリカ文学会東京支部慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト慶應義塾大学文学部125年記念事業実行委員会慶應義塾大学藝文学会慶應義塾大学メディアセンター
助成:アメリカ研究振興会、日本学術振興会

*プログラムは日本メルヴィル学会HPからダウンロードいただけます

基調講演
  • 6 月25 日(木)池澤夏樹「メルヴィルとクウェスト」司会:牧野有通 17:15-18:15@北館ホール 
  • 6 月26 日(金)エリザベス・シュルツ「『白鯨』の芸術性」司会:斎木郁乃 13:00-14:00@北館ホール
  • 6 月26 日(金)坂手洋二「戯曲バートルビーズ」(朗読劇)司会:大和田俊之 14:00-15:00@北館ホール
  • 6 月27 日(土)カレン・テイ・ヤマシタ「わが名はイシマル」司会:巽孝之 (パネリスト:今福龍太、管啓次郎、牧野理英)13:30-15:45@北館ホール

特別講演
6 月 28 日(日)13:00-13:45 東館 6-7階 G-SEC ラボ
 ジョン・ブライアント『メルヴィル伝』朗読 / 司会:サミュエル・オッター

◆◆◆アジアで初めて開かれる国際ハーマン・メルヴィル会議では、狭義のアメリカ文学史にとどまらず広くマシュー・ペリー提督率いる黒船来航以来の日米交渉史から比較精神史、惑星思考、そして来たるべき民主主義にいたるまで、文学から文化全般におよぶ多くの現代的話題が討議されます。全 5日におよぶ会期間中には日米の代表的作家、学者研究者を招聘する基調講演や特別講演からラウンドテーブル、アート作品展示、『白鯨』初版や捕鯨史資料を含む稀覯本展示、そして百点を超える研究発表など、盛り沢山の企画が行なわれる予定です。◆◆◆(ポスターより)

【関連リンク】


Access Ranking