2017/06/08

亀井先生・巽先生監修のアメリカ古典大衆文学コレクション最新巻『コケット−−あるいはエライザ・ウォートンの物語』(ハナ・ウェブスター・ フォスター、田辺千景訳)が松柏社より絶賛刊行中!

『コケット−−あるいはエライザ・ウォートンの物語』は、亀井先生と巽先生が監修を務める「アメリカ古典大衆小説コレクション」の第 6巻!

「結婚は友情の墓場ですもの」と言う主人公エライザ・ウォートン。本作は、実在の人物エリザベス・ホイットマンに霊感を得たアメリカ感傷小説群ウィリアム・ヒル・ブラウン『共感力』、スザンナ・ローソン『シャーロット・テンプル』に連なりつつ、満を持してホイットマン/ウォートンを中心に据えたもの。婚約者ハリー亡き後、ボイヤー牧師と遊び人サンフォード少佐とのあいだで揺れてみせるウォートン嬢、さて、その結末は?全 74通の書簡は、登場人物たちの関係・思惑・感情および種々の駆け引きを生き生きと浮かび上がらせます。

訳者・田辺千景氏による解説「見知らぬ人たちの涙」は、18世紀末ニューイングランドの白人中・上流階級社会を念頭に、「友」「見知らぬもの」「馬車」「ウォーカー(歩く人・我が道を行く人)夫人」を切り口にして、本作を読み解きます。この機会にぜひご一読ください!




アメリカ古典大衆小説コレクション 6
『コケット−−あるいはエライザ・ウォートンの物語』
ハナ・ウェブスター・ フォスター
訳・解説:田辺千景
四六、271頁
松柏社、2017年 6月
2970円(税込)
松柏社による本書紹介

【目次】
コケット−−あるいはエライザ・ウォートンの物語
解説「見知らぬ人たちの涙」(田辺千景)


【関連リンク】

【関連書籍】
『コケット−−あるいはエライザ・ウォートンの物語』アメリカ古典大衆小説コレクション 6; 松柏社、2017年)


ライマン・フランク・ボーム、宮本菜穂子訳、巽孝之解説『オズのふしぎな魔法使い』(アメリカ古典大衆小説コレクション 2; 松柏社、2003年)


ナサニエル・カヴァリー、ダニエル・コーヘン編、栩木玲子訳、巽孝之解説『女水兵ルーシー・ブルーアの冒険』(アメリカ古典大衆小説コレクション 12; 松柏社、2010年)


ヘレン・ハント・ジャクソン、金澤淳子・深谷素子訳、亀井俊介解説『ラモーナ』(アメリカ古典大衆小説コレクション 8; 松柏社、2007年)


アプトン・シンクレア、大井浩二訳・解説『ジャングル』(アメリカ古典大衆小説コレクション 5; 松柏社、2009年)


オーエン・ウィスター、平石貴樹訳『ヴァージニアン』(アメリカ古典大衆小説コレクション 4; 松柏社、2007年)


T・S・アーサー、森岡裕一訳、亀井俊介・巽孝之監修『酒場での十夜』(アメリカ古典大衆小説コレクション 7; 松柏社、2006年)


ホレイショ・アルジャー、畔柳和代訳、亀井俊介・巽孝之監修『ぼろ着のディック』(アメリカ古典大衆小説コレクション 3; 松柏社、2006年)


ルー・ウォレス、辻本庸子・武田貴子訳、亀井俊介解説『ベン・ハー−−キリストの物語』(アメリカ古典大衆小説コレクション 1; 松柏社、2003年)


Access Ranking