2015/07/01

07/18:朝日カルチャーセンター新宿教室にて、巽先生による講座「1日で学ぶ:エドガー・アラン・ポーの想像力」開講!15:30-17:00

7月18日(土)に、朝日カルチャーセンター新宿教室にて、巽先生による講座「1日で学ぶ:エドガー・アラン・ポーの想像力」が、下記のとおり開講されます!ご興味のある方は、ぜひ足をお運びください!

1日で学ぶ
エドガー・アラン・ポーの想像力
日時:2015年7月18日(土)15:30-17:00
会場:朝日カルチャーセンター 新宿教室(*アクセス
講師:巽孝之
受講料(税込):会員 3,024円 / 一般 3,672円
朝日カルチャーセンターホームページよりお申し込み頂けます。

◆◆◆エドガー・アラン・ポーは19世紀初頭に生まれ、南北戦争前夜の時代にアメリカ文学初の黄金時代を担った天才作家として広く知られる。2009年には生誕 200周年を迎え、我が国を含む世界各国で記念行事が相次いだ。怪奇幻想文学の傑作「アッシャー家の崩壊」や世界初の推理小説「モルグ街の殺人」、空想科学小説の原型「大渦巻への落下」など多彩なジャンルを横断する想像力を支えたのは、詩人・小説家・批評家・編集者を兼ねる多彩な活動である。わずか40年余りの短い生涯ではあったが、ポーが行なった多様な文学ジャンルの革新と創造の歩みは、現代作家の幻視力をも強く捉えて放さない。◆◆◆(講師・記 / HPより)

【関連リンク】

【関連書籍】
エドガー・アラン・ポー、巽孝之訳『大渦巻への落下・灯台: ポー短編集 〈3〉 SF&ファンタジー編 』(新潮社、2015年)


エドガー・アラン・ポー、巽孝之訳黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編』(新潮社、2009年)


エドガー・アラン・ポー、巽孝之訳『モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編』(新潮社、2009年)


Contributed by Takayuki Tatsumi, Edited by Emron Esplin, Margarida Vale de Gato, Translated Poe (Perspectives on Edgar Allan Poe) (Lehigh UP, 2014)


巽孝之『NHKカルチャーラジオ 文学の世界 エドガー・アラン・ポー 文学の冒険家(NHK出版、2012年)


Takayuki Tatsumi, Full Metal Apache: Transactions Between Cyberpunk Japan and Avant-Pop America (Duke UP, 2006)


八木敏雄、巽孝之編『エドガー・アラン・ポーの世紀 生誕200周年記念必携』(研究社、2009年)


巽孝之『E・A・ポウを読む (岩波セミナーブックス)』(岩波書店、1995年)


巽孝之、下河辺美知子、鷲津浩子『文学する若きアメリカ―ポウ、ホーソン、メルヴィル』(南雲堂、1989年)

笠井潔『群衆の悪魔 上 (デュパン第四の事件) (創元推理文庫)』(東京創元社、2010年)


笠井潔、巽孝之解説『群衆の悪魔 下 (デュパン第四の事件) (創元推理文庫)』(東京創元社、2010年)


森晶麿、巽孝之解説『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』(早川書房、2015年;単行本、早川書房、2012年)



Access Ranking