2019/01/22

02/23: ホーソーン協会東京支部2月例会のお知らせ/ピーター・バナード氏が登壇されます!

2019年 2月23日に専修大学神田キャンパスにてホーソーン協会東京支部2月例会が下記のとおり開催されます。

研究発表では、ピーター・バナード氏が「ホーソーンの即身仏とハーミットのみやげ――"The Man of Adamant"(1837)と The Hermit of Erving Castle, Erving , Mass.(1871)における「隠遁」の差異」をご発表されます。作品研究では大野美砂先生(東京海洋大学)が "The Gray Champion"についてご発表なさいます。ご関心お持ちの方は、ぜひお運びください!

日本ナサニエル・ホーソーン協会東京支部2月例会
日時:2019年 2月23日(土)15:00-
会場:専修大学神田キャンパス1号館13階13A会議室
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8(アクセスキャンパス
※詳細はこちらです

【プログラム】
研究発表
「ホーソーンの即身仏とハーミットのみやげ――“The Man of Adamant”(1837)とThe Hermit of Erving Castle, Erving, Mass.(1871)における「隠遁」の差異」
発表者:ピーター・バナード(ハーバード大学大学院博士課程)
司会:巽孝之(慶應義塾大学)
作品研究
発表者:大野美砂(東京海洋大学)
作品:Nathaniel Hawthorne, ‟The Gray Champion” (1835)

【関連リンク】

Access Ranking