2019/01/20

02/09: 公開シンポジウム「なぜ できない? ジェンダー平等――人文社会科学系学会 男女共同参画の実態と課題」/巽先生が司会されます!@日本学術会議講堂13:00-17:00

2019年2月9日に日本学術会議 講堂にて、公開シンポジウム「なぜ できない?ジェンダー平等 人文社会科学系学会男女共同参画の実態と課題」が下記のとおり開催されます。

「人文社会科学分野での若手・女性研究者支援とともに、研究分野を超えた連携のもとで人文社会系の学術の発展をめざす」(シンポジウムフライヤーより)ために発足したGEAHSS(ギース:人文社会科学系学協会における男女共同団核推進連絡会)が2018年に全国規模で実施した「第1回 人文社会科学系研究者の男女共同参画実体調査」についての報告とともに、歴史背景を分析します。

GEAHSS幹事・事務局を大串先生が務めておいでです。今回の会議では前半司会を巽先生が担当されます。室伏きみ子先生(お茶の水女子大学・学長)や隠岐さや香先生(名古屋大学大学院)による講演や調査報告に加え、討論の場が設けられます。ご関心お持ちの方は、どうぞお運びください!


なぜ できない?ジェンダー平等
人文社会科学系学会男女共同参画の実態と課題
日時:2019年2月9日(土)13:00-17:00
会場:日本学術会議 講堂
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34(アクセス
※事前申込不要・入場無料です
※プログラム最新版はこちらです

プログラムサイトより転載)
司会
巽孝之 (日本学術会議第一部総合ジェンダー分科会委員、慶應義塾大学文学部教授)・小方直幸(GEAHSS幹事、東京大学大学院教育学研究科教授)

13:00 
開会挨拶:井野瀬久美恵(GEAHSS委員長、甲南大学文学部教授)
趣旨説明:永瀬伸子(日本学術会議第一部総合ジェンダー分科会委員長、お茶の水女子大学基幹研究院教授)
来賓挨拶
内閣府男女共同参画局長 池永肇恵氏・文部科学省総合教育政策局長 清水明氏・国立女性教育会館理事長 内海房子氏・公益社団法人程ヶ谷基金理事 鈴木悠二氏・男女共同参画学協会連絡会委員長 野尻美保子氏

13:20
講演
室伏きみ子(お茶の水女子大学長) 「GEAHSSへの期待」
隠岐さや香(日本学術会議若手アカデミー会員、名古屋大学大学院経済学研究科教授) 「学問分野のジェンダー化とその文化的起源-天才神話と有用性言説-」

14:45
報告1:日本学術会議第一部総合ジェンダー分科会およびGEAHSSによる「第1回 人文社会科学系研究者の男女共同参画実態調査」結果
永瀬伸子・上田貴子(日本学術会議連携会員、早稲田大学政治経済学術院教授)・二神枝保(日本学術会議連携会員、横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授)・滑田明暢(静岡大学大学教育センター講師)
報告2
井野瀬久美恵 「GEAHSS活動報告―ジェンダー平等と学問の質的向上の“間”―」
発表:加盟学会の取り組み
総合討論:モデレーター 後藤弘子(GEAHSS副委員長、千葉大学法経学部教授)

16:55
閉会挨拶:青野篤子(GEAHSS副委員長、福山大学人間文化学部教授)

【関連サイト】

Access Ranking