2016/06/10

2016/06/07-09:シャーリー・サミュエルズ教授講演会

さる  6月7日(火)および 9日(木)に、コーネル大学のシャーリー・サミュエルズ教授による講演会が開催されました。以下では、その一部の模様をお届けします!

●●○○●●
シャーリー・サミュエルズ教授講演会
“Looking for the Letter”
2016年 6月 7日(火)14:45-16:15
慶應義塾大学三田キャンパス西校舎 515番教室
シャーリー・サミュエルズ教授
司会:巽孝之(慶應義塾大学教授)
主催:慶應義塾大学英米文学専攻
共催:慶應義塾大学藝文学会、慶應義塾大学アメリカ研究プロジェクト








*****






■■■Professor Shirley Samuels■■■
アメリカ・コーネル大学英文科教授であるサミュエルズ氏は、19世紀アメリカ文学を専門とする研究者である。特に、19世紀文学に見られるアメリカの文化的・政治的想像力に着目し、アメリカ独立期および南北戦争期におけるアメリカの国家表象、感傷性とジェンダーの問題などに関する研究は、その後の研究に多大な影響を与えた。

著書にRomances of the Republic (Oxford UP, 1996),  Facing America (Oxford UP, 2004), Reading the American Novel: 1780 - 1865 (Wiley-Blackwell, 2014), 編著にThe Culture of Sentiment (Oxford UP, 1992), A Companion to American Fiction 1780-1865 (Wiley-Blackwell, 2006), The Cambridge Companion to Abraham Lincoln (Cambridge UP, 2012)など。(※フライヤーより)


【関連リンク】


【関連書籍】
Romances of the Republic: Women, the Family, and Violence in the Literature of the Early American Nation (Oxford UP, 1996)


Facing America: Iconography and the Civil War (Oxford UP, 2004)


Reading the American Novel: 1780 - 1865 (Wiley-Blackwell, 2014)


Shirley Samuels, ed. The Culture of Sentiment: Race, Gender, and Sentimentality in Nineteenth-Century America  (Oxford UP, 1992)


Shirley Samuels, ed. A Companion to American Fiction 1780-1865  (Wiley-Blackwell, 2006)


Shirley Samuels, ed. The Cambridge Companion to Abraham Lincoln (Cambridge UP, 2012)


Access Ranking