2018/04/01

スイスのウェブ雑誌 Arts特集号 “Cyberpunk in a Transnational Context” に巽先生の特別寄稿論文 “Transpacific Cyberpunk: Transgeneric Interactions between Prose, Cinema, and Manga” が絶賛掲載中です!

過日、CPAにてスイスのウェブ雑誌 Arts の特集号 “Cyberpunk in a Transnational Context” を巽先生が監修されるのはお知らせしました。先生による “Special Issue Information” に加えて、特別寄稿論文 “Transpacific Cyberpunk: Transgeneric Interactions between Prose, Cinema, and Manga” がすでに絶賛掲載中です!(→こちらからお読み頂けます)

Artsは、スイスに本拠地をおく MDPI (Multidisciplinary Digital Publishing Institute) から年 4回(3, 6, 9, 12月)刊行される国際学術ウェブ雑誌。多岐に渡る “arts” (visual arts, music and performance arts, applied arts, popular arts, arts and technology) を対象としています(※詳細はこちらをご覧ください)。

先生のご論文 “Transpacific Cyberpunk: Transgeneric Interactions between Prose, Cinema, and Manga”  は、サイバーパンクの環太平洋的想像力を探求。大友克洋『AKIRA』(1988年)、ウィリアム・ギブスンの「橋三部作」(1990年代)、そして伊藤計劃の『虐殺器官』(2007年)が取り上げられています。ご関心のある方は、なにとぞ要チェックです!

なお、本特集号はまだまだ原稿募集中です! (※締切 2018年 5月 15日)


Arts
Special Issue“Cyberpunk in a Transnational Context”
Keywords: extraterritorial, posthumanism, outlaw technologist, steampunk, virtual idol
Submission Deadline: 15 May 2018
Guest EditorDr. Takayuki Tatsumi (Professor, Department of English, Keio University)
Interests: extraterritorial; posthumanism; outlaw technologist; steampunk; virtual idol


【関連リンク】


【関連書籍】
Tatsumi Takayuki, Full Metal Apache: Transactions Between Cyberpunk Japan and Avant-Pop America (Duke UP, 2006) ※ 2010年度国際幻想芸術学会学術部門賞(IAFA Distinguished Scholarship Award) 受賞(→詳細はこちら

Access Ranking