2017/11/19

【祝レム・コレクション完結】最新の『図書新聞』に、巽先生と沼野先生による対談「多角的作家の知られざる面——ポーランド語の原典から訳すことでレムの本来の味わいを伝えることができた」が掲載されています!

各所で「レム・コレクション」完結記念特集&フェアが開催されていますが、最新の『図書新聞』( 2017年 11月 25日号)に、巽先生と沼野先生による対談「多角的作家の知られざる面——ポーランド語の原典から訳すことでレムの本来の味わいを伝えることができた」が掲載されています!

本対談では、1970年代のレムとアメリカ SF作家協会をめぐる「レム事件」や『ソラリス』と『白鯨』の交錯、コレクション最新作『主の変容病院・挑発』について「精神病院小説」の系譜(ポー/キージー/山野浩一/荒巻義雄)や、社会主義体制下で生きたゆえの「検閲」や「忖度」の問題が語られます。そして来るべき「レム・コレクション」第二期の構想とは?一面から三面にわたる充実豪華な対談です。ぜひご一読ください!




※なお、既に CPAでお知らせしましたが、今週 11月 25日(土)には、代官山 蔦屋書店にて、巽先生×円城塔氏×沼野先生による鼎談「ポーランドの作家スタニスワフ・レムをめぐって」が開催!こちらもぜひご来聴ください!

■■■

巽孝之(慶應義塾大学教授)×円城塔(作家)×沼野充義(東京大学教授)
ポーランドの作家スタニスワフ・レムをめぐって

日時: 2017年 11 25日(土)19:00–21:00
会場:代官山 蔦屋書店 1号館 2階イベントスペース
(渋谷区猿楽町 17-5 ※アクセス / フロアガイド

※参加無料・要事前申込
申込先:代官山 蔦屋書店(下記に直接お問い合わせください)
店頭( 1号館 1階人文フロア)
TEL: 03-3770-2525( 1号館 1階人文フロア)

【注意事項】(※会場代官山 蔦屋書店 HPより)
  • 会場は開始 15分前から入場可能。
  • 当日の座席は先着順。
  • 参加券の再発行・キャンセル・払い戻しは不可。
  • 止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合有り。

■■■

【関連リンク】


【関連書籍】
スタニスワフ・レム/沼野充義、巽孝之訳、芝田文乃他訳『高い城・文学エッセイ (スタニスワフ・レム コレクション)』(国書刊行会、2004年)


スタニスワフ・レム/沼野充義訳『ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)』(国書刊行会、2004年)


スタニスワフ・レム/沼野充義、深見弾、吉上昭三訳『天の声・枯草熱 (スタニスワフ・レム コレクション)』(国書刊行会、2005年)


スタニスワフ・レム/久山宏一訳『大失敗 (スタニスワフ・レムコレクション)』(国書刊行会、2007年)


スタニスワフ・レム/沼野充義、関口時正、久山宏一、芝田文乃訳『短篇ベスト10 (スタニスワフ・レム・コレクション)』(国書刊行会、2015年)


スタニスワフ・レム/関口時正訳『主の変容病院・挑発 (スタニスワフ・レムコレクション)』(国書刊行会、2017年)


巽孝之『現代 SFのレトリック』(岩波書店、1992年)※第一章「眠れる海の美女——レムまたはソラリスを知らない『ソラリス』」


円城塔『道化師の蝶 (講談社文庫)』(2012年;講談社、2015年)





Access Ranking