2017/11/20

11/25:【予約満員御礼】祝レム・コレクション完結!巽先生×円城塔氏×沼野充義先生による鼎談「ポーランドの作家スタニスワフ・レムをめぐって」開催です!@代官山 蔦屋書店 1号館 2階イベントスペース 19:00–21:00

きたる 11月 23日(木)〜26日(日)にわたりヨーロッパ文芸フェスティバルが開催!三日目の 11月 25日(土)には代官山 蔦屋書店にて、巽先生×円城塔氏×沼野充義先生による鼎談「ポーランドの作家スタニスワフ・レムをめぐって」が下記のとおり行われます。巽先生が訳者の一人を務められた「スタニスワフ・レム・コレクション(国書刊行会)」も全六巻でこのたび完結し、身近にレム文学を享受できるようになりました。鼎談当日は、レム原作、アンジェイ・ワイダ監督の短編映画『寄せ集め』も上映予定。ご関心のある方は、ぜひご来聴ください!

※ご好評につき定員に達したため、参加受付は終了いたしました(代官山 蔦屋書店 HP)

■■■ SF小説家として国際的に知られ、代表的長編『ソラリス』は世界の 50カ国語以上に翻訳、ソ連のタルコフスキー監督やアメリカのソダーバーグ監督によって映画化もされたスタニスワフ・レム。円城塔、巽孝之、沼野充義の 3人がレムの作品といつ出会い、どのように読んできたのか、また、レムが現代の世界文学にとって持つ重要な先駆的意味とは何なのか、レムは SF小説家だったのか、それとも未来学者か、あるいは哲学者なのか?――こういった話題について、それぞれの立場から語り合う。本邦初公開、スタニスワフ・レム原作、アンジェイ・ワイダ監督製作の短編映画『寄せ集め』も合わせて上映(※ヨーロッパ文芸フェスティバル公式 HPより)。■■■


巽孝之(慶應義塾大学教授)×円城塔(作家)×沼野充義(東京大学教授)
ポーランドの作家スタニスワフ・レムをめぐって

日時: 2017年 11 25日(土)19:00–21:00
会場:代官山 蔦屋書店 1号館 2階イベントスペース
(渋谷区猿楽町 17-5 ※アクセス / フロアガイド

※参加無料・要事前申込
申込先:代官山 蔦屋書店(下記に直接お問い合わせください)
店頭( 1号館 1階人文フロア)
TEL: 03-3770-2525( 1号館 1階人文フロア)

【注意事項】(※会場代官山 蔦屋書店 HPより)
  • 会場は開始 15分前から入場可能。
  • 当日の座席は先着順。
  • 参加券の再発行・キャンセル・払い戻しは不可。
  • 止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合有り。

※なお、上記画像はレムの紹介コミックで、ポーランド共和国大使館 HPにアップされています(→こちらからご覧頂けます。レムの他にも、ポーランドを代表する偉人・民話・伝説に関するコミックが掲載されています)


【関連リンク】


【関連書籍】
スタニスワフ・レム/沼野充義、巽孝之訳、芝田文乃他訳『高い城・文学エッセイ (スタニスワフ・レム コレクション)』(国書刊行会、2004年)


スタニスワフ・レム/沼野充義訳『ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)』(国書刊行会、2004年)


スタニスワフ・レム/沼野充義、深見弾、吉上昭三訳『天の声・枯草熱 (スタニスワフ・レム コレクション)』(国書刊行会、2005年)


スタニスワフ・レム/久山宏一訳『大失敗 (スタニスワフ・レムコレクション)』(国書刊行会、2007年)


スタニスワフ・レム/沼野充義、関口時正、久山宏一、芝田文乃訳『短篇ベスト10 (スタニスワフ・レム・コレクション)』(国書刊行会、2015年)


スタニスワフ・レム/関口時正訳『主の変容病院・挑発 (スタニスワフ・レムコレクション)』(国書刊行会、2017年)


巽孝之『現代 SFのレトリック』(岩波書店、1992年)







Access Ranking