2015/11/19

12/01:文学部特別講演会「メルヴィル『白鯨』リハーサルの試み」(巽先生司会)開催!@慶應義塾大学三田キャンパス北館ホール 14:45-16:15

来る12月8日(火)から、ハーマン・メルヴィルの代表作『白鯨』(1851 年)の舞台化作品『白鯨-Moby-Dick-』(セバスチャン・アーメスト脚本)が、信濃町文学座アトリエで始まります。今回の文学部特別講演会では、舞台『白鯨-Moby-Dick-』の翻訳者である小田島恒志氏(早稲田大学教授)、と演出家の高橋正徳氏(文学座)をお招きし、「メルヴィル『白鯨』リハーサルの試み」と題してお話いただきます。ご関心のある方は、ぜひご来聴ください!


文学部特別講演会
メルヴィル『白鯨』リハーサルの試み
日時:2015 年12 月1 日(火) 14:45-16:15
場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
講師:小田島恒志(早稲田大学教授)、高橋正徳(文学座演出家)
司会:巽孝之(本塾文学部教授)
※予約不要・入場無料

主催:慶應義塾大学G-SEC アメリカ研究プロジェクト
共催:慶應義塾大学文学部125 年記念事業実行委員会慶應義塾大学文学部藝文學會慶應義塾大学文学部英米文学専攻日本メルヴィル学会

【講師紹介】
<小田島恒志>
早稲田大学文学学術院教授。現代イギリス小説、現代英米演劇、翻訳論。共編著に『ロレ,ンス文学鑑賞事典』(彩流社、2002年)。舞台翻訳に『エヴァ、帰りのない旅』(ひょうご舞台芸術、1998年), 『銀幕の向うに』(加藤健一事務所、1999年)、『ディナー、ウィズ、フレンズ』(シアター21、2000年)。論文に「上演翻訳におけるジェンダー意識」(『演劇研究センター紀要I』、第1号、2003年)、「劇作家D・H・ロレンス」(『英文学』、第83号、2002)。

<高橋正徳>
文学座座員(第40期生 / 演出部に所属)。2004年『TERRA NOVA』(文学座アトリエの会)で演出家デビュー。演出作品に『オトコとおとこ』『ダーウィンの城』『海の眼鏡』(文学座アトリエの会)、近未来能天鼓』(文学座本公演)、『かぐや姫』(日生劇場+文学座ファミリーステージ)、『夜叉ヶ池』(ルテアトル銀座)、『新版天守物語』(Bunkamura オーチャードホール)など。

文学座による『白鯨-Moby-Dick-』詳細

【関連リンク】



Access Ranking