2011/10/24

10/27-30: ピッツバーグでのASAP(現在芸術学会)シンポジウムに、巽先生ご出演

10月27日(木)から30日(日)にわたり、The Association for the Study of the Arts of the Present(現在芸術学会)の会議Arts of the Planet: National Conferenceが、ペンシルヴァニア州ピッツバーグ、ウィンダムホテルにて開催されます。
巽先生は、本学会ASAPの会長であり、Postmodernist Fiction (1987)やConstructing Postmodernism (1992)といった著作をもつポストモダン文学研究の大御所ブライアン・マクヘイル氏(オハイオ州立大学)により招聘され、今回の29日(土)に行われるシンポジウム“Planetary Postmodernisms”「惑星思考のポストモダニズム」にパネリストとして出演されることになりました。


“Planetary Postmodernisms”
10/29 2:30-4:00
Moderator: Brian McHale, Ohio State University
1. “Postmodernism and the Revival of the Left in Latin America”
John Beverley, University of Pittsburgh
2. “History of the End: Literary Postmodernism in Post-Soviet Russia”
Elana Gomel, Tel-Aviv University
3. “The Silence of the Frogs: Thoreau, Anderson, and Murakami”
Takayuki Tatsumi, Keio University
4. “Revisiting China’s Postmodernism: Literary and Cultural Trends in a Postrevolutionary Era”
Wang Ning, Tsinghua University and Shanghai Jiao Tong University

※会議やプログラム詳細は、ASAPのホームページからご覧いただけます。


Access Ranking