2019/12/22

Book Review: Young Americans in Literature


Young Americans in Literature: The Post-Romantic Turn in the Age of Poe, Hawthorne and MelvilleTakayuki Tatsumi
A5 / pp.181 / paperback
Sairyusha / \ 2,200 + tax / June 2018
※彩流社による本書紹介はこちらです

2018年に刊行された巽先生の最新単著 Young Americans in Literature: The Post-Romantic Turn in the Age of Poe, Hawthorne and Melvilleに、国内外より続々と書評が寄せられています。学会誌や会報での書評をはじめ、抜粋を随時更新してまいります!

◆◆◆
2020年1月5日更新
アメリカ文学・文化全般及び現代批評理論はもちろんのこと、サイバーパンクにプログレッシヴ・ロックまで縦横無人に論じる巽孝之という稀代の批評家が、アメリカン・ルネッサンスを「専門」とする、ということはともすろと忘れてしまいがちだ。本書は、1年に1冊以上の驚異的なペースで単著を世に問うてきた著者が、意外にも初めて英語で「専門」に特化して書いた単著である。とはいえ、博覧強記の著者のこと、出エジプト記からソローそして村上春樹までの時空間を蛙の雨の終末論的超常現象で繋ぎ、ウィリアム・ギブソンのレンズを通してファロゴセントリズムを撃ち抜くハード・ボイルドな暗殺者エミリー・ディキンソンを夢想するといった具合に、アクロバティックなアナクロニズムで読者を驚嘆させ続ける。――斎木郁乃 『IVY』 第52巻(2019年11月、名古屋大学英文学会、39-43頁)、39頁。

◆◆◆
2020年1月2日更新
Young Americans in Literature 最初の書評です!
What Tatsumi produces in this book is in fact a complex work of assemblage that provides an excellent introduction to his writing, starting as it does from some of his earliest efforts――an essay that originated in a graduate seminar taught by Colacurcio at Cornell, for example, begins the Introduction――before winding its way through more recent interventions, and ending, full-circle, with a return to another graduate seminar paper, now revised, repurposed and "reloaded," so to speak.――Taras Alexander Sak, Sky-Hawk: The Journal of the Melville Society of Japan, no.33 (2019), pp. 84-88. p.85

◆◆◆
2019年12月22日更新
著者は本書の序論で、1987年にコーネル大学に博士論文を提出した頃を回顧しているが、そこから現在に至る30年という時間は、本書でアメリカン・ルネサンスの範囲とされる1832~60年の約30年間におそらく意図的に重ねられている。アンテベラムの作家はヨーロッパ・ロマン派を「ラディカルに読み直し、書き直し、転用した」(21)。それが題名にある「ポストロマン主義的転回」の謂である。同様に本書はアメリカン・ルネサンス研究の時代/地域/ジャンル横断的転回を企図し、従来にはなかった脈絡から古典アメリカ文学を「創造的に再読する」、批評的なrenaissance, regenerationなのである。本書が極めて若々しい印象を与えるのはそのためである。――西谷拓哉 『アメリカ学会会報』 第200号(2019年6月、アメリカ学会:5頁)、5頁。

野心的、冒険的な解釈と評されることを、筆者は怖れていないどころかむしろ望んでいるように思われる。本書を読みつつ、評者はその鮮やかな論の展開に、ほとんどの場合讃嘆し、時として畏怖の念を覚えた。本書は間違いなくoriginalityに満ちている。一見小ぶりな書物だが、情報量、知見は溢れんばかりである。アメリカン・ルネッサンス期の作家を研究する者は、今一度自らの視野を広げるためにぜひ本書を読んでほしい。――水野尚之 『ポー研究』 第11号(2019年、日本ポー学会:89-93頁)、93頁。

 With "post-Romantic," Tatsumi signals the belatedness of the American writers who rethought and revised English Romanticism in the 1840s and 1850s, a temporal disconnect that inspired their work with a self-reflexivity that anticipates modernism and postmodemism. . . . Put differently, the book blends historicist and poststructuralist interpretive practices (think print history alongside Paul de Man) in analyses of how antebellum literature spoke to its political moment and how various twentieth and twenty-first century riffs on the earlier period's literature bring light to meanings hitherto buried in those texts. ――Dawn Coleman, Leviathan: A Journal of Melville Studies, vol.21, no.3 (October 2019, Melville Society).

Tatsumi aims less for exhaustive argumentation than for stimulating illumination throughout the volume, and he is highly successful in offering this intellectual stimulation to his readers. The book provokes questions about what it would mean to be less parochial in our understanding of how literature in the nineteenth-century United States connects with literatures from other times and places and how an enriched appreciation of the romantic roots of this literature may allow for a wider and deeper sense of its connections across time and space. The volume also models a way in which author studies can come together with impulses toward transnationalism, interdisciplinarity, and the analysis of literary networks to produce a way of reading that is distinct from both traditional author-centered approaches and from many of the author-skeptical approaches that have shaped nineteenth-century US literary studies in recent years. As Poe self-consciously did in so many of his stories and poems, Tatsumi has produced a volume of criticism that is distinguished by its effect: the way in which encountering a short, provocative piece can change, perhaps irrevocably, the way the reader sees the world and the texts that she reads. ――Brian Yothers, "Reading Poe across Time and Space." Poe Studies: Hitory, Theory, Interpretation, vol.52 (2019), pp. E3-E7. Pp. E6-E7. 

◆◆◆



【Contents】
Preface by Samuel Otter
Introduction  /  Young Americans as Post-Romantics: Kant, Coleridge and Emerson
Chapter 1  /  Literacy, Literality, Literature: The Rise of Cultural Aristocracy in “The Murders in the Rue Morgue”
Chapter 2  /  Origins of Originality: Poe, Hawthorne, Noguchi
Chapter 3  /  Prescriptions for Rampomania: Poe’s Transnational Children 
Chapter 4  /  Crossing the Line: from “The Custom-House” through Moby-Dick
Chapter 5  /  “Young America in Literature” Reconsidered: Pierre and Celebrity Culture 
Chapter 6  /  “With One Flop” of His Tail: or, How Abe Loves Ahab
Chapter 7  /  The Planet of the Frogs: Thoreau, Anderson and Murakami
Conclusion / Transcendental Film Noir: Dickinson, Cornell, and Gibson

【推薦の辞】
  • 著者が文学作品と文学研究双方を環太平洋的に扱う手腕は見事というほかない。国境を超えたインターテクスチュアリティの魅惑的な瞬間が解き明かされて行く。――シェリー・フィッシャー・フィシュキン(スタンフォード大学教授、元北米アメリカ学会会長、The Journal of Transnational American Studies 初代編集委員長。近著に Writing America: Literary Landmarks from Walden Pond to Wounded Knee
  • 過去 30年間というもの、巽孝之は一貫して日米の文学的文化的相互交渉の網の目を解きほぐし、それを想定外かつ精妙なかたちへと再構成してみせた。本書は彼の茶目っ気と想像力、批評的洞察、それに日米史に関する深い造詣が融合してさまざまな連関や影響関係を織り成し、読者を驚かせるとともに楽しませ、そして深く納得させてくれる。――ラリー・マキャフリー(サンディエゴ州立大学名誉教授、主著に Storming the Reality Studio および『アヴァン・ポップ』 [筑摩書房、 1995年/北星堂書店、2007年])
  • 著者はポーのオーギュスト・デュパンを彷彿とさせる卓越した読みの探偵だ。綿密なリサーチに基づく時代区分を超え太平洋も大西洋も超えた「同心円的な読み」は、本書を超えて拡大を続ける。彼の野心的なもくろみは、エミリ・ディキンスン譲りの “円周”に尽きる。それは時代を横断しつつ想像力の文学の奥底へ潜り込み、すでに過去に埋め込まれた未来の種子を掘り起こす。――ジョエル・フィスター(ウェスリアン大学教授、近著に Surveyors of Customs: American Literature as Cultural Analysis
  • 巽孝之は長い間、国家横断的にして時代横断的なアメリカ研究に対し最も革新的にして熟達した業績を重ねてきた。ここに収められた論文群は全て、アメリカン・ルネッサンスの文学を中心に、ますますその範囲を豊かに拡大するものだ。この刺激的で深く学識に富んだ新著は、広義のアメリカ研究の理論と実践を着実に発展させるだろう。――マーク・セルツァー(カリフォルニア大学ロサンジェルス校教授、主著に The Official Worldおよび Henry James and the Art of Power

【関連リンク】


【関連書籍】
巽孝之 『パラノイドの帝国――アメリカ文学精神史講義』(大修館書店、2018年)









高山宏 × 巽孝之 『マニエリスム談義——驚異の大陸をめぐる超英米文学史』(再彩流社、2018年)


巽孝之編著 『反知性の帝国―アメリカ・文学・精神史』(南雲堂、2008年)


巽孝之 『ニュー・アメリカニズム』(青土社、2005年)

巽孝之『メタフィクションの思想』(『メタフィクションの謀略』、筑摩書房、1993年/筑摩書房、2001年)


巽孝之『メタファーはなぜ殺される』 (松柏社、2000年)

Access Ranking