2019/01/25

02/24: 科研費研究会・牧野理英先生ご講演「「シマ」をめぐる日系アメリカと南部、そしてその敗北の共振――ワカコ・ヤマウチとテネシー・ウィリアムズ」のお知らせ@成蹊大学14:00-16:00

2019年2月24日に成蹊大学にて、科研費研究会「フェデラリスト政権と奴隷貿易」が下記のとおり開催されます。メイフラワー・コンパクトの「排除/包括の理論」を探るプロジェクトの次々回講演会では、アメリカ文学をご専門とされる牧野理英先生が、17世紀のメイフラワー・コンパクトにおける「共同体」の視座から、ワカコ・ヤマウチやテネシー・ウィリアムズにおける「シマ」言説の共振についてご講義くださいます。ご興味お持ちの方は、ぜひお運びください!



科学研究費・基盤研究(B): 「メイフラワー・コンパクトにおける「排除/包括の理論」と環大西洋文化の再定位」
「「シマ」をめぐる日系アメリカと南部、そしてその敗北の共振――ワカコ・ヤマウチとテネシー・ウィリアムズ」
日時:2019年2月24日(土)14:00-16:00
会場:成蹊大学10号館2階第二中会議室(アクセスキャンパス
〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
講師:牧野理英(日本大学)
主催:科学研究費 18H00654 基盤研究 (B)「メイフラワー・コンパクトにおける排除/包括の理論と環大西洋文化の再定位」研究代表者:下河辺美知子(成蹊大学)
研究分担者:巽孝之(慶應義塾大学)・舌津智之(立教大学)・日比野啓(成蹊大学)
※詳細はプロジェクトウェブサイトをご覧ください

【関連リンク】

Access Ranking