2018/12/15

01/15: 大学院ゼミOG細野香里先生特別講演会「ポーとトウェイン――モダニズム前史」のお知らせ@三田キャンパス西校舎515番教室

2019年1月15日(火)に慶應義塾大学三田キャンパスにて特別講演会「ポーとトウェイン――モダニズム前史」が下記のとおり開催されます。

大学院ゼミOGの細野香里先生(明治大学・非)が講師を務められます。「独立宣言を越えて――『間抜けのウィルソンとかの異形の双生児』再考」(『マーク・トウェイン――研究と批評』第14号、2015年)や "To Kill Half a Dog: Mark Twain and P. T. Barnum's Art of Retrospective Narration"(The Journal of American Literature Society of Japan, no. 17, 2019 掲載予定)などのご論文がある細野さんが、ポーとトウェインの浅からぬ関わりをご講義くださいます。ご興味お持ちの方は、ぜひお運びください!


特別講演会
ポーとトウェイン――モダニズム前史
日時:2019年1月15日(火)14:45-16:15
会場:慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎515教室(アクセスキャンパス
司会:巽孝之(慶應義塾大学文学部教授)
講師:細野香里(明治大学・非常勤講師)
主催:文部科学省科学研究費助成事業基盤研究(c) 15K02349 「モダニズム文学形成期の慶應義塾の介在と役割」
共催:慶應義塾大学藝文學會、慶應義塾大学アメリカ学会
※予約不要、入場無料です

【関連リンク】

Access Ranking