2018/10/15

10/27: 日本英文学会関東支部第16回(2018年秋季大会)のお知らせ@早稲田大学戸山キャンパス

10月 27日(土)に、早稲田大学戸山キャンパスにて日本英文学会関東支部第 16回大会( 2018年度秋季大会)が下記のとおり開催されます。

研究発表 1(12:10-12:50@第 4会場440教室)では大学院在籍の冨塚亮平さんが「エマソンの家政学――エッセイ「愛」、講義「家庭」における空間表象」をご発表されます。ぜひご来聴ください!



日本英文学会関東支部
第 16回大会(2018年度秋季大会)
日時:2018年 10月 27日(土)
会場:早稲田大学戸山キャンパス
(〒162-8644 東京都新宿区戸山 1-24-1 アクセス / キャンパス

【プログラム】
※詳細は英文学会関東支部ウェブサイトをご覧ください。PDF版プログラムもございます。

開場・受付開始 11:20-
受付:36号館 3階 382教室前
発表者控室:33号館 4階 441教室

総会 11:40-12:00@ 36号館 3階 382教室

研究発表 1 12:10-12:50@ 33号館 4階
  • 第 1会場@ 437教室
    「『ハワーズ・エンド』における弁証法的和解について」 
    発表:政森志津子(立教大学大学院)、司会:河野真太郎(一橋大学) 
  • 第 2会場@ 438教室
    「ロバート・バートン『メランコリーの解剖』におけるidlenessの諸相に関する一考察」
    発表:榊原知樹(東京大学大学院)、司会:五十嵐博久(東洋大学)
  • 第 3会場@ 439教室
    「チャールズ・ディケンズとHousehold Wordsと大博覧会」
    発表:山本まゆみ(法政大学大学院)、司会:中和彩子(法政大学) 
  • 第 4会場@ 440教室
    「エマソンの家政学――エッセイ「愛」、講義「家庭」における空間表象」
    発表:冨塚亮平(慶應義塾大学大学院)、司会:堀内正規(早稲田大学)
研究発表 2 13:00-13:40@ 33号館 4階
  • 第 1会場@ 437教室 
    「マデイラ島の「いかがわしい承認」――Jane Eyreにおける遺産相続とマデイラ・ワイン」 
    発表:大澤舞(成城大学大学院)、司会:河野真太郎(一橋大学) 
  • 第 2会場@ 438教室
    「『オセロー』は人種の悲劇か――オセローの悲劇にみる男性性喪失への恐れ」
    発表:鍛冶佳穂(早稲田大学大学院)、司会:五十嵐博久(東洋大学)
  • 第 3会場@ 439教室
    「エリザベス・コステロと小説的思考――老い、心の傷、作家の言葉――」
    発表:金内亮(東京大学大学院)、司会:小山太一(陸橋大学)
  • 第 4会場@ 440教室
    発表なし

分野別シンポジウム 14:00-16:00@ 36号館 5階
  • シンポジウム 1・イギリス文学部門@ 581教室
    「時代と文化のはざまのシェイクスピア」
    司会・講師:冬木ひろみ(早稲田大学)、講師:篠崎実(千葉大学)、近藤弘幸(東京学芸大学)、小泉勇人(東京工業大学)
  • シンポジウム 2・アメリカ文学部門@ 582教室
    「小説家の詩」
    司会・講師:木内徹(元・日本大学)、講師:木村浩二(駒澤大学)、舌津智之(立教大学)、佐藤直子(青山学院大学)

メイン・シンポジウム 16:15-18:15@ 36号館 3階 382教室
「どこへ行く、日本の英語教育――現在と見つめ、未来を考える」
司会・講師:久世恭子(東洋大学)、講師:阿部公彦(東京大学)、江利川春雄(和歌山大学)、笠原眞樹子(東京都立新宿高校)、福田恭久(東京都立西高校)

懇親会 18:30-20:30@ ルカフェレトロ(早稲田大学戸山キャンパス正門前)
会費:4000円(一般)2000円(学生)


【関連リンク】

Access Ranking