2013/07/31

大学院巽ゼミOB波戸岡景太先生の新著『ラノベのなかの現代日本—ポップ/ぼっち/ノスタルジア』(講談社)刊行!

波戸岡景太先生(大学院巽ゼミOB・明治大学准教授)の新著『ラノベのなかの現代日本—ポップ/ぼっち/ノスタルジア』が講談社現代新書より刊行されました。

本書は、ラノベを知らない大人たちへ(も)向けて書かれた現代日本文化論。昨今のラノベ作品はもちろん、詩人の穂村弘、三人の村上(春樹・龍・隆)、あるいは寺山修司や大江健三郎も取り上げられ、1960年代以降における現代日本社会と文化の変容性を教えてくれます。帯のフレーズ:「かつてはオタク、いまはフツー」……「かつて」と「いま」の間には、いったいなにがある(ない)のでしょうか?あなたの「現代日本」探索、再考に、ぜひご一読ください。

判型:新書
頁数:185
出版講談社
刊行:2013/06/20
価格:777円(本体740円+税)
講談社による本書詳細

【目次】
序章 ラノベを知らない大人たちへ
第一章 ポップかライトか
第二章 ジャパニーズ・ポップの隆盛と終焉
第三章 オタクの台頭と撤退
第四章 「ぼっち」はひきこもらない
第五章 震災と冷戦
第六章 ポスト冷戦下の小説と労働
第七章 ラノベのなかの「個」
終章 現代日本というノスタルジアの果て
あとがき ラノベを知らない子どもたちへ

【関連リンク】
講談社
OBOG'S BOOKS大学院巽ゼミHP
OBOG業績リスト大学院巽ゼミHP

【関連書籍】
『コンテンツ批評に未来はあるか』(水声社、2011年)

『ピンチョンの動物園』(水声社、2011年)

『動物とは「誰」か?―文学・詩学・社会学との対話』(水声社、2012年)


Access Ranking