2010/09/16

09/24: 「アメリカ研究者の集い2010」開催のお知らせ

日本の各大学院でアメリカ研究を行っている若手研究者に研究発表の機会を提供する場として、昨年に引き続き「アメリカ研究者の集い2010」が、下記の通り開催されます。この「アメリカ研究者の集い2010」のために、マーク・トウェイン研究の権威として知られるShelley Fisher Fishkin教授(スタンフォード大学)が来日し講演を行い、巽先生が司会を務めます。また午後からは、大学院生による発表が予定されています。
参加費は無料です。(要申し込み!お申し込みは、9月21日(火)までとなっております。)「アメリカ研究者の集い2010」のプログラムや参加申し込みにつきましては、こちらから。(英語バージョンは、こちらから。)

「アメリカ研究者の集い2010」
日時:平成22年9月24日(金) 10:00-17:00
会場:国際文化会館
東京都港区六本木5-11-16 Tel: 03-3470-4611


10:00 米国大使館代表・主催者 挨拶
10:15 慶應義塾大学 巽孝之教授によるDr. Shelley Fisher Fishkinをご紹介
10:20 基調講演“Mark Twain & Trans National American Studies”
Dr. Shelley Fisher Fishkin, Stanford University
11:00 慶応義塾大学 巽教授によるコメント
11:20 Q & A

13:00-14:30 分科会 Part 1
グループ1(Politics, History, International)
モデレーター:カリフォルニア大学バークレイ校 Dr. ネイアム・チャンドラー
グループ2(Literature and Culture)
モデレーター:慶応義塾大学 巽孝之教授
グループ3(Diversity Studies: Ethnicity, Gender, Natives)
モデレーター:東京大学 矢口祐人准教授
14:45-16:00 分科会 Part 2
グループ1(Politics, History, International)
グループ2(Literature and Culture)
グループ3(Diversity Studies: Ethnicity, Gender, Natives)
16:10-17:00 Wrap-up Q & A
Dr. Fisher Fishkinによるコメント、各モデレーターと発表者によるコメント
17:00 閉会


Access Ranking