2009/06/27

早川書房『ミステリマガジン』2009年8月号のポー特集に、巽先生寄稿!

好評発売中、早川書房『ミステリマガジン』2009年8月号の目玉は、特集「幻想と怪奇―ポー生誕200周年」!ポーの功績と魅力満載の本号に、巽先生が「ポーの謎、デュパンの謎」と題するエッセイを寄稿しています。
生誕地が北部ボストンでありながら以後は南部リッチモンドで育ったポーや、デュパン三部作(「モルグ街の殺人」(1841年)、「マリー・ロジェの謎」(1842年)、「盗まれた手紙」(1845年))に焦点を当て、巽先生が「ポーの謎、デュパンの謎」に迫ります!

B002CIH1D2



また、巽先生が新訳を手がけた『モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集II ミステリ編―』(新潮社)には、デュパン三部作のうちの「モルグ街の殺人」、「盗まれた手紙」が収録されていますので、こちらもぜひ手にとってみてください!

4102028056

Access Ranking