2018/11/22

12/08: アメリカ文学会東京支部12月例会のお知らせ

12月 8日(土)に慶應義塾大学三田キャンパスにて、日本アメリカ文学会東京支部 12月例会が下記のとおり行われます。

シンポジウム「環境をアダプトする――エコクリティシズムと視覚芸術」が開催されます。大学院ゼミOBでもある波戸岡景太先生(明治大学)が司会・講師として、野田研一先生(立教大学名誉教授)、齊藤弘平先生(青山学院大学)、日高優先生(立教大学)が講師としてご登壇されます。自然を表象することは可能なのか。このエコクリティシズムの中核的問いを、視覚芸術作品を中心に再検討する刺激的なシンポジウムです。ご関心お持ちの方は、ぜひお運びください!

日本アメリカ文学会東京支部 12月例会
日時: 2018年 12月 8日(土)14:00より
会場:慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎 513番教室
アクセスキャンパス
※詳細は日本アメリカ文学会東京支部をご覧ください

シンポジウム
環境をアダプトする――エコクリティシズムと視覚芸術
  • 司会・講師:波戸岡景太(明治大学)
    「環境ドキュメンタリー史のなかで〈グリズリー・マン〉を考える」
  • 講師:野田研一(立教大学名誉教授)
    「Landscape と Land――アダプテーションとしての風景」
  • 講師:齊藤弘平(青山学院大学)
    「Rest in the West――西部劇、男性性、精神医療」
  • 講師:日高優(立教大学)
    「〈映像=環境〉時代における風景の写真――Robert Adams と希望という問題」

※ シンポジウム終了後、忘年会が開催されます。


【関連リンク】

Access Ranking