2017/11/03

11/07:映画『もののけ姫』公開 20周年を祝して“The urgency of thinking abou the entanglements of Techno-Science, Nature, Gender and Society” 開催!小谷真理先生とスーザン・ネイピア先生が基調講演を務められます!@リスボン・オリエント美術館 13:30-19:00

映画『もののけ姫』公開 20周年を祝して、11月 7日(火)、リスボンのオリエント美術館にて、“The urgency of thinking abou the entanglements of Techno-Science, Nature, Gender and Society” が下記のとおり開催され、小谷真理先生とスーザン・ネイピア先生が基調講演を務められます。お近くにお住まいの方やご都合のつく方は、ぜひご来聴ください!


20th Anniversary of Princess Mononoke
The urgency of thinking abou the entanglements of Techno-Science, Nature, Gender and Society

日時:2017年 117日(火)13:30-19:00
会場:オリエント美術館(リスボン ※アクセス
基調講演:
小谷真理(明治大学)、スーザン・ネイピア(タフツ大学)
※お問い合わせ:Ivo Louro: ivomlouro●fct.unl.pt (●→@)
CIUHCT (the Interuniversity Center for the History of Science and Technology) によるイベント詳細
オリエント美術館によるイベント詳細

【プログラム】
13:30 — Reception
14:00 — Movie screening
16:30 — Talks by Susan Napier and Kotani Mari
17:45 — Round table (Susan Napier and Kotani Mari with Ana Matilde Sousa, Ivo Louro, Maria Paula Diogo, Joana Tomé, and Davide Scarso)


【関連リンク】


【関連書籍】
小谷真理『女性状無意識(テクノガイネーシス)―女性SF論序説』(勁草書房、1994年)


小谷真理『聖母エヴァンゲリオン』(マガジンハウス、1997年)


小谷真理『テクノゴシック』(ホーム社、2005年)


Susan J. Napier, Anime From Akira To Howl's Moving Castle: Experiencing Contemporary Japanese Animation (2001; Griffin, 2005)


小谷真理「ゲイシャとT・レックス」、スーザン・ネイピア「ロスト・イン・トランジション――世界の終わりの人形たち」寄稿/巽孝之、荻野アンナ編著『人造美女は可能か?』(慶應義塾大学出版会、2006年)





Access Ranking