2016/10/17

小野俊太郎氏による『未来を覗くH・G・ウェルズ−−ディストピアの現代はいつ始まったか』(勉誠出版)刊行!巽先生が帯に推薦の言葉を寄せています!

小野俊太郎氏による『未来を覗く H・G・ウェルズ−−ディストピアの現代はいつ始まったか』が、勉誠出版より絶賛刊行中です!


本書は六章構成。『タイムマシン』『モロー博士の島』『透明人間』『宇宙戦争』のほか、『解放された世界』『神々の糧』などを取り上げながら、様々な「衝突」(過去・現在・未来 / 聖書と進化論 / 地球人と火星人 / 新しい科学技術と既存の価値観 / ユートピアとディストピア / 透明人間とそうでない人々)に注目し、こうした衝突の諸相を、先行作品 / 同時代的文脈 / 後続作品を参照しながら解きほぐすことで、「われらの同時代人」としてのウェルズが浮き彫りにされます。

今年 2016年はウェルズ生誕 150周年!ご関心のある方は、この機会にぜひご一読ください!



『未来を覗く H・G・ウェルズ−−ディストピアの現代はいつ始まったか』
小野俊太郎
四六、256p
勉誠出版、2016年 7月
帯:巽孝之(慶應義塾大学教授)
勉誠出版による本書詳細


【目次】
はじめに ウェルズはわれらの同時代人
第1章 歴史の改変と『タイムマシン』
第2章 生命改造と『モロー博士の島』
第3章 自己改造と監視する目―『透明人間』
第4章 外からの侵略者と『宇宙戦争』
第5章 科学技術の暴走―『解放された世界』と『神々の糧』
第6章 来るべきユートピアとディストピア
おわりに H・G・ウェルズの遺産
あとがき
巻末参考文献
ウェルズ年譜

【関連リンク】


【関連書籍】
小野俊太郎『未来を覗く H・G・ウェルズ−−ディストピアの現代はいつ始まったか』(勉誠出版、2016年)

Access Ranking