2015/01/18

01/31:科研費研究会2014年度第3回研究会「アメリカ演劇(史)の<明白なる運命(マニフェスト・デスティニー)>」開催!常山菜穂子先生(本塾法学部教授)がご登壇されます@成蹊大学10号館2階第2中会議室 17:00-19:00

1月31日(土)に成蹊大学にて、巽先生が携わっている文部科学省科学研究費主催の2014年度第3回研究会「アメリカ演劇(史)の<明白なる運命(マニフェスト・デスティニー)>」が、以下のとおり開催されます。今回、講師としてご登壇されるのは、大学院巽ゼミご出身で、現在は本塾法学部教授で教鞭を執られる常山菜穂子先生です。ふるってご来聴ください!

2014年度第3回研究会「アメリカ演劇(史)の<明白なる運命(マニフェスト・デスティニー)>」
日時:2015年1月31日(土)17:00-19:00
会場:成蹊大学 10 号館 2階 第 2中会議室(アクセス/キャンパス
講師:常山菜穂子(慶應義塾大学 法学部教授)

//主催:科学研究費・基盤研究(B)
「マニフェスト・デスティニーの情動的効果と21 世紀惑星的想像力」
//研究代表者:下河辺美知子(成蹊大学)
//研究分担者:巽孝之(慶應義塾大学)・舌津智之(立教大学)・日比野啓(成蹊大学)

*参加自由・無料
*会場整理の都合上、hibino●fh.seikei.ac.jp (●を@に変換)に、前日までにご連絡をお願いいたします。

本研究会は、マニフェスト・デスティニーというレトリックの国際政治における意義を歴史的にたどると同時に、その心理的・精神的効果がアメリカ国民の情動を操作するナラティヴとしていかに機能してきているかに焦点をあて、地球規模でのアメリカの位置を読み直すことを目指します。

常山菜穂子先生によります本講演会では、「惑星」の視点から「マニフェスト・デスティニー」に着目しアメリカ文学・文化を再読する新思潮を、アメリカ演劇研究に援用し、アメリカ演劇をより相対的に捉えると共に、そのような作業を通して演劇史を再考されます。

アメリカ演劇の歴史は、イギリス文化を受け継ぎ独自の演劇へと作り替えて、NYから西へと広めていく西漸運動だった一方、西海岸から海(たとえば、ハワイ)へと飛び出したとき、アメリカ演劇は太平洋の島特有の条件と交渉することを余儀なくされ、異種混淆のかたちへと変容しました。このような西漸運動の果てに太平洋に生じていたアメリカ演劇を考え、さらにこその再発掘をきっかけにアメリカ演劇史を再考されます。

【関連リンク】

【関連書籍】
常山菜穂子『アンクル・トムとメロドラマ―19世紀アメリカにおける演劇・人種・社会』(慶應義塾大学出版会、2007年)


常山菜穂子『アメリカン・シェイクスピア—初期アメリカ演劇の文化史』(国書刊行会、2003年)

Access Ranking