2013/12/29

巽先生が選考委員の一人をつとめられる、早稲田大学坪内逍遙大賞第四回が決定しました

巽先生が選考委員をつとめられている、早稲田大学坪内逍遙大賞第四回の結果が決定し、ウェブ上にて選考理由および受賞式・祝賀会の報告等がアップされています。

早稲田大学坪内逍遙大賞は、早稲田大学の文科を創設した坪内逍遥の精神を現代に活かすべく、二〇〇七年に創設。文芸・文化・芸術活動のなかから、隔年で大賞一名、奨励賞一名(今回は二名)が選ばれ、副賞として記念メダルと、大賞百万円・奨励賞五十万円が贈呈されます。

本年度第四回の大賞には、『博士の愛した数式』 『ことり』 などの作品で広く著名であり、国際的にも評価の高い小川洋子氏が受賞。また、奨励賞には、クレオール文学の研究者でもあられ、『獅子渡り鼻』で高い評価を得た小野正嗣氏と、昨年に歌集『さよならバグ・チルドレン』を発表され、「短歌の世界に現れた超新星」と評された、山田航氏が受賞されました(詳しい報告は、早稲田大学文化推進部ホームページをご覧下さい)。

第四回早稲田大学坪内逍遙大賞受賞者
大賞
小川洋子
奨励賞
小野正嗣
奨励賞
山田航

第四回早稲田大学坪内逍遙大賞選考委員会
委員長
高橋源一郎(小説家)
副委員長
松田哲夫(編集者 元・株式会社筑摩書房専務取締役)
加藤典洋(早稲田大学教授)
選考委員
大川繁樹(株式会社文藝春秋文藝局第一文藝部長)
巽孝之(慶應義塾大学教授)
沼野充義(東京大学教授)
渡部直己(早稲田大学教授)

【関連リンク】
早稲田大学文化推進部ホームページ(早稲田大学坪内逍遙大賞)
巽先生が選考委員をつとめられた、早稲田大学坪内逍遙大賞第二回が決定(CPA: 2009/10/09)
巽先生が選考委員をつとめられた、早稲田大学坪内逍遙大賞第三回が決定(CPA: 2012/01/29)

【関連書籍】
小川洋子『博士の愛した数式 (新潮文庫)』(第55回読売文学賞、第1回本屋大賞受賞/新潮社、2005年)


小川洋子『ことり』(芸術選奨文部科学大臣賞受賞/朝日新聞出版、2012年)


小野正嗣『獅子渡り鼻』(芥川賞候補/講談社、2013年)


山田航『さよならバグ・チルドレン―山田航歌集』(ふらんす堂、2012年)

Access Ranking