2013/01/17

01/25:慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト/クリストファー・レスリー氏(ニューヨーク大学)によるご講演(@三田キャンパス)のお知らせ

慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC; Global Security Research Institute)は、2004年に発足。グローバルな視点から国際的水準の学術研究の発展を目指すとともに、学問領域横断的な連携、学術研究機関・専門機関との協力により、その知識を蓄積し、成果として内外に広く公表・発信することを目的とした研究所です。

今回の、G-SECアメリカ研究プロジェクト講演シリーズでは、20世紀におけるメディア・テクノロジー/SF/ユートピア文学をご専門とされるクリストファー・レスリー氏をお招きし、「アメリカ小説に見る科学的人種差別言説との闘争――チェスナット、スタイン、フィッツジェラルド、デュボイス」をご講演していただきます。

入場無料、事前申し込み不要です。レスリー氏のご講演を聴くまたとない貴重な機会。ご興味のある方はぜひ足をお運びください!

慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト講演シリーズ
「アメリカ小説に見る科学的人種差別言説との闘争――チェスナット、スタイン、フィッツジェラルド、デュボイス」
日時:2013年1月25日(金) 10:30~13:00
会場慶應義塾大学三田キャンパス/東館4階セミナー室
講師:クリストファー・レスリー氏(ニューヨーク大学/***略歴
司会:巽孝之(慶應義塾大学文学部教授)
※入場無料・事前申し込み不要

【関連リンク】
G-SECホームページ(日本語版)
G-SECホームページ(英語版)
G-SECアメリカ研究プロジェクト講演シリーズ詳細(G-SEC HP)
クリストファー・レスリー氏略歴(英語のみ)

Access Ranking