2012/04/01

04/14: 日本アメリカ文学会東京支部4月例会のお知らせ

4月14日(土)、慶應義塾大学三田キャンパスにて、日本アメリカ文学会東京支部4月例会が行われます。今回の東京支部4月例会特別講演には、藤平育子先生(中央大学)をお迎えし、ご自身が翻訳を手がけられ、昨年10月から今年1月にかけて刊行された『アブサロム、アブサロム!』(上下巻)の翻訳と文学研究の同期(シンクロナイズ)についてお話しいただきます。

―東京支部4月例会
日時:4月14日(土)午後2時より
場所:慶應義塾大学三田キャンパス 研究室棟A・B会議室

―特別講演会

「文学研究が翻訳と同期(シンクロナイズ)する時」
講師:藤平育子(中央大学)

司会:諏訪部浩一(東京大学)

***特別講演終了後、支部総会を開催します。 
会場:研究室棟A・B会議室

藤平育子訳『アブサロム、アブサロム!(上)』(岩波文庫、2011年)


藤平育子訳『アブサロム、アブサロム!(下)』(岩波文庫、2012年)


諏訪部浩一著『ウィリアム・フォークナーの詩学―1930‐1936』(松柏社、2008年)

Access Ranking