2010/10/12

巽先生が編集長を務めたMark Twain Studies Volume 3刊行のお知らせ

今年で没後100年となるマーク・トウェイン。この記念すべき年に、日本マーク・トウェイン協会の編集委員である巽先生が編集長を務めたMark Twain Studies Volume 3, 2010が刊行されました。


Mark Twain Studies Volume 3, 2010
100 Years of Mark Twain: A Special Centenary Issue


本号の特集は、Twain and Faulkner。巽先生が“The Myth of Simultaneous Order: Twain, Faulkner and Eliot”を、フォークナー研究と日本の女性文学の研究を専攻し、2008年まで慶應義塾大学大学院で教鞭をとっていたメアリ・ナイトン氏(Washington and Lee University)が“The Daemonic Conscience in Twain and Faulkner”を寄稿しています。また、大学院巽ゼミの山根亮一さんの“Mechanical Syndrome: Twain, Faulkner, and the Typewriter”も掲載されています。

先日慶応義塾大学日吉キャンパスで講演を行ったロバート・H・ハースト氏(General Editor of the Mark Twain Project, University of California, Berkeley)のトウェインの自伝をめぐるインタビューをはじめ、YOUCHANによる素敵な表紙イラストで飾られた本号は、読みどころ満載です!


Access Ranking