2009/02/21

03/07: 慶應通信文学会の例会にて、巽先生ご講演のお知らせ

3月7日(土)に開催される慶應通信文学会の例会にて、巽先生による講演が行われます。今回の講演のテーマは、「惑星思考のアメリカ文学史」。「惑星思考」つまり“Planetarity(プラネタリティ)”とは、ポストコロニアル批評の代表的な存在であるガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァクが『ある学問の死Death of a Discipline(2003)で提唱した概念のこと。この「惑星思考」という概念に焦点を当て、巽先生が語ります。

会員以外の方も入場できますので、ぜひお越しください!
なお、会場では巽ゼミ年刊誌Panic Americanaの販売も行う予定です。


慶應通信文学会3月例会―巽先生ご講演
日時:3月7日(土) 13時開場13時半開始予定
場所:港勤労福祉会館(JR田町駅徒歩5分、都営線三田駅A7出口徒歩1分)
講演:巽孝之(文学部教授)
「惑星思考のアメリカ文学史」
※詳しい情報は、こちらから。



Access Ranking