2006/01/01

「フォークナー&トウェイン会議」が開催


サウスイースト・ミズーリ州立大学で開催される国際会議「フォークナー&トウェイン会議」(Faulkner and Twain Conference)に巽先生が参加されます。この国際会議ではフロンティア、歴史、ジェンダーなど、さまざまなテーマに関連してフォークナー/トウェイン作品が論じられる予定です。巽先生は“Faulkner and Twain in Japan”のセッションに、林文代(東京大学教授)、後藤和彦(立教大学教授)、メアリ・ナイトン(東京大学助教授)の各氏とともに参加されます。

Faulkner and Twain Conference
Oct. 19-21, 2006.
Southeast Missouri State University

Faulkner and Twain in Japan (Oct. 20 1:30 p.m., Friday, Missouriana Room)

“I’ve got to spend half my time being a dam detective…’: Faulkner, Twain, and Their ‘Detectives’”
Fumiyo Hayashi, University of Tokyo

“On the Culture of Defeat: A Connecticut Yankee, Henry Grady, and Japan”
Kazuhiko Goto, Rikkyo University, Tokyo

“Simultaneous Order Reconsidered: Twain, Faulkner, and Eliot”
Takayuki Tatsumi, Keio University, Tokyo

“Swinks and Snopeses: The Germ of the ‘Global Provincial’ in Twain and Faulkner”
Mary A. Knighton, University of Tokyo

Faulkner and Twain Conferenceについての詳細はこちらをご覧下さい。

Access Ranking