2003/01/01

巽先生によるオースター&ワン最新映画評


『スモーク』『ブルー・イン・ザ・フェイス』のポール・オースター&ウェイン・ワン コンビによる最新作『赤い部屋の恋人』がいよいよ公開!
公開にあわせて、『偶然の音楽』以来オースター映画作品に言及してきた巽先生が、『赤い部屋の恋人』評を月刊誌『person』2003年4月号に寄せました。
ネットビジネスで大儲けした23歳のリチャードと、高級ストリップバーで働く美しいダンサー、フローレンス。期間限定のラスベガス行きにフローレンスが提示した条件は「キスもセックスも厳禁。報酬は1万ドル」。ふたりの性幻想はどこへ辿りつくのか・・・。
映画とともに、この評論もぜひお楽しみください!

―性幻想の犠牲となるカップルを描く、優雅で感傷的なポルノ―
オースター文学は、禁欲し抑制された。しかしご心配なく。それと引き換えに、わたしたちは21世紀版『ナイン・ハーフ』とも呼ぶべき、いとも優雅で感傷的なポルノを獲得したのである。(巽孝之)
巽孝之「赤い部屋の恋人」 『person』(朝日新聞社2003年4月号)108頁。定価680円 2月22日発売

『赤い部屋の恋人』2001年第54回カンヌ国際映画祭特別招待作品

監督:ウェイン・ワン
脚本:エレン・ベンジャミン・ウォン(=ウェイン・ワン+ポール・オースター+シリ・ハストヴェット共同執筆)
3月8日(土)より、シネ・アミューズにてレイトショー

Access Ranking