2016/04/19

小谷真理先生が選考委員を務められている明治大学の倉橋由美子文芸賞の受賞者が発表されました!

小谷真理先生が選考委員を務められている明治大学の倉橋由美子文芸賞の受賞者が発表されました。明治大学のホームページに記念写真が掲載されています。また、雑誌『ユリイカ 2016年 3月号』には、大賞を受賞された山根恭子氏の「河童」・選評(旦敬介氏)・受賞の言葉が収録されています!

倉橋由美子文芸賞は、明治大学が 2009年に、連合父母会の後援により設立した文学賞(連合父母会文学賞)です。本文学賞は、2部門からなり、第 1部門が倉橋由美子文芸賞(小説)、第 2部門が阿久悠作詞賞(歌詞)となっています。(※ HP参照)

第 7回連合父母会文学賞
第 1部門 倉橋由美子文芸賞 
選者:越川芳明(文学部教授 / 翻訳家)
   旦敬介(国際日本学部教授 / 作家・翻訳家)
   小谷真理(情報コミュニケーション学部客員教授
    / SF&ファンタジー評論家)
第 2部門 阿久悠作詞賞 
選者:飯田久彦(エイベックス・エンタテインメント顧問 / プロデューサー)

『ユリイカ 2016年 3月号』

第 48巻第 5号(通巻 679号)
1,300円+税
青土社による本誌紹介

【目次】
私が出会った人々
故旧哀傷・中松澗之助(中村稔)

記憶の海辺——一つの同時代史
メフィストの小旅行 あるいは東京大学(池内紀)


ホロウ(朝吹亮二)
馬、牛、兎。(カニエ・ナハ)

耳目抄
言葉と歩く(竹西寛子)

第 7回倉橋由美子文芸賞発表 p.230-
河童(山根恭子)/選評(旦敬介)

特集*古屋兎丸
『Palepoli』『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』…少年と少女の永遠

今月の作品
石川木子・小畑亮平・牛坂夏輝・竹村転子・神山紗良(選:三角みづ紀)

われ発見せり
ロータリー(百瀬文)

※詳細は青土社 HPをご覧ください。

【関連リンク】

Access Ranking