2015/04/15

4/10に映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が公開されました。劇場用パンフレットに巽先生が「レイモンド・カーヴァー」を寄稿されています!

4月10日(金)に映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が公開されました。劇場で販売されているパンフレットに巽先生が寄稿されています!

本作は、映画内映画『バードマン』シリーズでかつて一世を風靡した主人公リーガンが、再起をかけてブロードウェイにのぞむ物語。その劇中劇として採用されているのがレイモンド・カーヴァーの短篇「愛について語るときわれわれの語ること」です。巽先生は、このアメリカミニマリズムの作家レイモンド・カーヴァーについて、解説を寄せられています。カーヴァーの文章が持つ魅力やこれまでの映画化についてはもちろん、本作の見所や、あわせて読みたい3冊もご提示されています。

本パンフレットにはほかにも、古川日出男氏(作家)や、浅田彰氏(批評家)、三浦大輔氏(「ポツドール」主催 / 映画監督)がレビューを寄せています。この機会にぜひ劇場に足をおはこびください!

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』
  • 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
  • 撮影監督:エマニュエル・ルベツキ
  • ドラム・スコア:アントニア・サンチェス
  • キャスト:マイケル・キートン、エドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ、ほか
  • 2014年 / アメリカ / 英語 / カラー / 120分
  • 提供:フォックス・サーチライト・ピクチャーズ、リージェンシー・エンタープライズ
  • 日本語字幕:稲田嵯裕里
  • 配給:20世紀フォックス映画
  • 2015年4月10日公開

//公式サイト
//公式ツイッター
//公式フェイスブック

【劇場パンフレット】
FOXサーチライト・マガジン vol. 04
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
2015年4月10日発行
定価820円(本体760円+税)
FOXサーチライト・マガジン公式フェイスブック

【目次】
BiRDMAN
  • Introduction
  • Synopsis
  • Review 01 「ロング・ロング・ショットがもたらすいかさまの中のリアル」古川日出男(作家)
  • Raymond Carver 巽孝之
  • Interview with Alejandro G. Iñárritu
  • Connection 「2010年代ハリウッドを席巻するメキシコの“三本の矢”」宇野維正
  • Cast Interviews
  • Cast Profiles
  • Visual 「2年連続オスカー受賞の大快挙!“光の魔術師”ルベツキの到達点」宇野維正
  • Score 「「死刑台のエレベーター」以来の衝撃!?サンチェスがもたらした「バードマン」のリズム」宇野維正
  • Review 02 「「バードマン」の音楽」浅田彰(批評家)
  • Production Notes
  • Broadway
  • Review 03 「計算し尽くされた演出の先にある演劇の“ライブ”体験」三浦大輔(「ポツドール」主催 / 映画監督)
  • Staff Interviews
  • Staff Profiles

FOX SEARCHLiGHT
  • What's Fox Searchlight?
  • Searchlight Topics

FEATURE
  • People / Box Office / Prize / He Said / She Said

【関連リンク】

【関連書籍】
レイモンド・カーヴァー、村上春樹訳『愛について語るときに我々の語ること (村上春樹翻訳ライブラリー)』(中央公論新社 、2006年)


巽孝之寄稿、平石貴樹・宮脇俊文編著『レイ、ぼくらと話そう―レイモンド・カーヴァー論集』(南雲堂、2004年)

Access Ranking