2003/01/01

『マーク・トウェイン研究と批評』第3号が刊行


日本マーク・トウェイン学会が毎年発行している『マーク・トウェイン研究と批評』の最新号が刊行されました。今号では特集「マーク・トウェインとファンタジー」として、昨年秋に行われたシンポジウムの模様を収録。また大学院巽ゼミOBの中垣恒太郎による書評や、大串尚代著『ハイブリッド・ロマンス──アメリカ文学にみる捕囚と混淆の伝統』への書評も掲載されています。


<特集>
「マーク・トウェインとファンタジー」
シンポジウム:
アメリカン・ファンタジー序説 巽孝之
マーク・トウェインの天国──1905年から1906年を中心に 有馬容子
トウェインの晩年を見て 志村正雄
コネチカットの呪われた城──モリス、トウェイン、ウェルズ 小谷真理
9-42頁

<書評>
・中垣恒太郎
Neider, Charles, ed. The Travels of Mark Twain. New York: Cooper Square Press, 2000.
Melton, Jeffrey Alan. Mark Twain, Travel Books, and Tourism: The Tide of a Great Popular Movement. Tascaloosa: The University of Alabama Press, 2002.
Cooper, Robert. Around the World with Mark Twain. New York: Arcade Publishing, 2000.
100-103頁

・中山悟視
大串尚代著『ハイブリッド・ロマンス──アメリカ文学にみる捕囚と混淆の伝統』
104-107頁

『マーク・トウェイン研究と批評』第3号
南雲堂より2004年4月30日刊行
定価(本体1800円+税)

Access Ranking