2003/01/01

聴講自由の授業です


村上由見子先生担当「米文学C」
ゲスト 松本トシアキ氏
(クロマティック・ハーモニカ奏者)
「ハーモニカで覗き見るアメリカ」
1月14日(火曜日)5限 4:20~
慶應三田キャンパス 南校舎 432教室

米文学Cでは「ジャズエイジ20年代とガーシュイン」を取り上げてきましたが、来る14日のクラスでクロマティック・ハーモニカ奏者の松本トシアキ氏をゲストにお迎えし、ハーモニカ演奏を通して見た20世紀アメリカ音楽についてお話しいただきます。CD視聴多数、おまけでライヴ演奏も。聴講歓迎。


松本氏プロフィール
1964年函館生まれ。24歳の時、友人に1本のハーモニカを借りたのをきっかけに、クロマティック・ハーモニカを買い求め吹き始める。
もともとの影響は小学生の頃から好きだったスティーヴィー・ワンダー。彼はハーモニカを“管楽器”として自由に操るだけでなく、その可能性についても語っていたからである。
95年、横浜で行われた「ワールド・ハーモニカ・チャンピオンシップス」(クロマティック・ソロ部門)で優勝。翌年、ブラジル音楽をベースとしたオリジナル曲を演奏する Bossa Do Mago の結成に参加。ブラジルのギタリスト、トニーニョ・オルタとも共演

Access Ranking