2003/01/01

11月2日(火)の総合講座「情の技法II」は宇沢美子氏(東京都立大助教授)の講義


文学部総合講座「情の技法II」11月2日(火)の回は、東京都立大学人文学部助教授でアメリカ文学・精神分析理論がご専門の宇沢美子先生による講義です。1993年に発表された『女がうつる―ヒステリー仕掛けの文学論』(勁草書房)は、ヒステリーという概念から様々な文化事象を読み解き高い評価を得ており、その後も文化とジェンダーに関する研究書の翻訳などを発表されています。


文学部総合講座「情の技法II」
「生まれ(ていなかった)故郷日本──オノト・ワタンナの日本感傷小説再訪」
担当:宇沢美子氏(東京都立大学人文学部助教授/アメリカ文学・精神分析理論)
11月2日(火) 10:45-12:15
三田キャンパス南校舎444番教室

「情の技法II」公式ページはこちら

Access Ranking