2013/12/02

小学館より刊行の椎名誠氏によるSF名作『新装版武装島田倉庫』に巽先生が解説を寄せられています

一九九〇年に初版が刊行された『武装島田倉庫』は、『アド・バード』『水域』から成る椎名誠氏 SF 三部作の三作目!本作は、島田倉庫を中心に展開される連作短篇集となっています。舞台は、異形肥大化した生物蔓延る終末世界。海には油泥が溢れ、耳切団や白装束の武装略奪団との凄惨な戦いを余儀なくされるなか、常に死と隣接した人間たちの生き様が刻まれます。なお、今年二〇一三年には鈴木マサカズ氏による漫画化も実現し、本作『武装島田倉庫』の世界観は再び大きな注目を集めています。

巻末には、巽先生による「一九九三年版解説」と「二〇一三年版解説」の二つが同時収録!『武装島田倉庫』を巡る文庫版刊行時の同時代的証言と、二一新世紀における新たな解読がお読みいただけます。また、冒頭には椎名氏自身による「シーナ文庫新シリーズの開始」が新たに寄せられています。『新装版 武装島田倉庫』、ぜひご一読くださいませ!


題:『新装版 武装島田倉庫 (小学館文庫)』
著:椎名誠
判型:文庫
頁数:240
出版:小学館
刊行:2013年11月
価格:500円(税込)
*小学館による本書詳細

【目次】
シーナ文庫新シリーズの開始
武装島田倉庫
泥濘湾連絡船
総崩川脱出記
耳切団潜伏峠
肋堰夜襲作戦
魚乱魚歯白浜騒動
開帆島田倉庫
一九九三年版解説(巽孝之)
二〇一三年版解説(巽孝之)

【関連書籍】
椎名誠『新装版 武装島田倉庫 (小学館文庫)』(小学館、2013年/初版1990年)


椎名誠『アド・バード (集英社文庫)』(集英社、1997年/初版1990年)


椎名誠『水域 (講談社文庫)』(講談社、1994年/初版1990年)


椎名誠『地下生活者/遠灘鮫腹海岸 (集英社文庫)』(集英社、1996年/初版1993年)


鈴木マサカズ『武装島田倉庫 1 (ビッグコミックス)』(小学館、2013年)


鈴木マサカズ『武装島田倉庫 2 (ビッグコミックス)』(小学館、2013年)

Access Ranking