2004/01/01

日吉キャンパス教養研究センター公開セミナーに巽先生が登場


本塾日吉キャンパスで開催される公開セミナーに巽先生が登場します。今回「慶応義塾におけるドイツ年」にあわせて招かれる講師のH.エッセルボルン氏はドイツSF文学研究における第一人者。巽先生と、ロボット工学が専門の前野隆司・理工学部助教授がコメンテーターとして参加します。

教養研究センター公開セミナー
「敵か味方か──ロボットをめぐる文化」 

講演 『ロボットとコンピューターは敵になるか?』
アシモフのロボット作品からドイツSF文学まで
Können Roboter und Computer böse sein? Experimente der Literatur (ドイツ語・同時通訳付き)

講師:ハンス・エッセルボルン(ケルン大学教授)
コメンテーター:巽孝之(文学部教授)、前野隆司(理工学部助教授)
日時:2005年11月11日(金)18時15分-20時00分(予定)
場所:日吉キャンパスJ14教室(地図はこちら
主催:慶應義塾大学教養研究センター

お問い合わせ:教養研究センター(e-mail: ras-hiyoshi@adst.keio.ac.jp)

Access Ranking