2007/04/01

1989


  • 1989・12「ロック・ミー・オルフェウス—サミュエル・ディレイニー『アインシュタイン交差点』を読む」(『現代思想』188項-198項・青土社)
  • 1989・8「善悪の長い午後―トビン・シーバース『批評の倫理学』(『翻訳の世界』5号・78項-82項・バベル・プレス)
  • 1989・9「闘争するエレミア―ゲイント・トムキーズ『扇情的な構図』」(『翻訳の世界』6号・106項-110項・バベル・プレス)
  • 1989・11「モビイ・ディックは私だ―マイクル・ギルモア『アメリカ文学と市場』」(『翻訳の世界』7号・91項-95項・バベル・プレス)
  • 1989・11・13 「メタブックの傑作―ジョン・バース著『金曜日の本』を読む」(『週間読書人』1項・読書人)
  • 1989・12 「佐藤良明著『ラバーソウルの弾みかた』」(『翻訳の世界』79項・バベル ・プレス)
  • 1989・12 「ペタゴジック・マインドの終焉―キャシー・デイヴィッドスン『書物言語の革命』」(『翻訳の世界』8号・89項-93項・バベル・プレス)
  • 1990・1 「夢見る自然主義―リー・クラーク・ミッチェル『物語の決定論』」(『翻訳の世界』9号・105項〜109項・バベル・プレス)
  • 1990・1・15 「酒見健一『後宮小説』」(『北海道新聞』8項・北海道新聞社)
  • 1990・2 「オリエントの熱死ガヤトリ・スピヴァック『異世界にて』」(『翻訳の世界』10号・99項-103項・バベル・プレス)
  • 1990・3 「読むことの再生産—Harold Aram Veeser ed., The New Historicism」 (『英語青年』40項-41項・研究社)
  • 1990・3・5 「筒井康隆 『文学部唯野教授』」(北海道新聞)9項・北海道新聞社)
  • 1990・3 「アフリカの果ての果て―ヘンリー・ルイス・ゲイツ・ジュニア『黒の修辞学』」(『翻訳の世界』11号・101項-105項・バベル・プレス)
  • 1989・8・9「サイバーパンク以後」(『朝日新聞』3項・朝日新聞社)
  • 1989・10「マクベス夫人とブキャナン夫人」(Gap Japan 8項-9項・ギャップ・ジャ パン)
  • 1989・11「塾生にぜひ読んでいただきたい本Ⅴ—パトリック・ジュースキント『香水』」(『パピルス』No,422項・慶応生協)
  • 1989・11「ひとつではないサイボーグの姓」(『現代史手帳』58項-65項・思潮社)
  • 1989・12「Fバタフラン、あるいは―サイボーグ・フェミニズムの政治学」(『季刊・都市』148項-153項・都市デザイン研究所)
  • 1989・12・25「1989年回顧・英米文学―未曽有の英語文学ブーム:ミニマリズムとラシュディ『悪魔の詩』」(『週間読書人』4項)
  • 1990・1「現代SFのレトリック」(「新潮」319項-327項・新潮社)
  • 1990・4「さめない夢想のように」(『悪魔の詩』特集)(『翻訳の世界』54項-55 項・バベル・プレス)
  • 1990・3 “The Name of the Hologram Rose” (Science Fiction Eye (SF EYE), No,6 52項-53項)
  • 1990・3「ロボットの発見」(「現代思想」160項-161項・青土社)


Access Ranking